かつての失敗から学んだマンション経営で成功するための知識

マンション経営のリスクと回避方法

このカテゴリでは、マンション経営で起こりうるリスクを紹介し、自身の体験から身についた解決方法を紹介しています。

◇不安を解決!マンション経営のリスクとは?

起こりうるリスクの中でも、もっとも怖いのが空き室リスクです。
マンションに入居者がいなければ、当然その期間中のローン費用は全額自己負担となります。

しかし、その空き室リスクは、不動産業者にお願いすれば解決できるんですよ。

そして、もうひとつ怖いのは家賃の低下や築年数経過によるマンションの資産価値の減少です。
マンションは形ある物ですので、古くなってしまえば当然価値は下がるというのが一般的な考え方です。

しかし、その考え方はマンション経営の本質を理解してない恐れがあります。
マンション経営の本来の目的は、自身の将来や家族の生活を守るためにあると言えます。

このカテゴリの下位サイトで、私がもっとも伝えたいことは次の項目です。

マンション経営のリスクとは?空き室リスクを回避するにはどうしたらいいのか?
マンション経営のリスクとは?経年劣化による家賃の低下、物件価格の下落を回避する方法や考え方など。
マンション経営のリスクとは?マンション経営には、収益物件として以外の特別な効果がある。

これは何度も言いますが、私が失敗から学んだことで得た知識です。

参考になるかどうかわかりませんが、
投資を始める方、マンションに興味を持たれた方の力になればと思っております。

◇販売会社が倒産したらどうなるのか?

もし販売会社が倒産してしまった場合。
銀行がつぶれてしまった場合。

などなど、時代の節目を迎えている今、何が起こるかわからないのが現実です。

マンション経営のリスクを回避する方法それに対処するにはどうしたらよいのか?
マンション経営のリスクを回避する方法自分が保有するマンションは一体どうなってしまうのか?
マンション経営のリスクを回避する方法また、そうならないための対策方法とは?

これらの問題に対する説明をすると共に、
業者を選ぶ際に見なければいけないポイントを、私の経験を元に紹介しています。

◇マンションとアパートの違い

都心のアパートのメリットは、

マンション経営のリスクを回避する方法物件価格が安く、家賃もそこそこなので下宿感覚で人が集まりやすい。
マンション経営のリスクを回避する方法物件の価格が安かった分、マンションよりも高い利回りが期待できる。

もしそうだとしても、実はそこには見逃してはいけないリスクがあるんですよ。

下位サイトでは、そのアパートとマンションの決定的な違いを解説しています。
アパートにするかマンションにするかで悩んでいる人は、ぜひ見てもらいたいところですね。

また、マンションは人の命を守る目的で建てられている、ということの根拠についても説明しています。

コンテンツ一覧

ケース①空き室
空き室リスクを極力少なく運営するための物件選びとは?また、入居者が決まるまでの空き室リスクについての対策を掲載しています。
ケース②家賃の低下
家賃低下を招かないマンション経営のメリットや、どこの物件ならばリスクが少ないのかを解説しています。
 
ケース③物件価格の低下
築年数による物件価格の下落はマンション経営にどのような影響を与えるのかを解説しています。
ケース④ローン金利の上昇
ローン金利が上昇した場合のマンション経営への影響と、防御策について解説しています。
 
ケース⑤販売会社が倒産
販売会社が倒産した場合、マンション経営へどのような影響を与えるのかを詳しく解説しています。
ケース⑥火災・震災
火災や震災が起きたときに備えて、マンション経営ではどうすればいいのかを解説しています。
 
 
HOME » マンション経営のリスクと回避方法