かつての失敗から学んだマンション経営で成功するための知識

万全な賃貸管理サポートシステム

ここでは不動産会社選びの決め手となる賃貸管理サポートシステムについて紹介します。

◇賃貸管理を委託することがマンション経営の決め手

賃貸管理サポートシステムを利用すれば、マンション経営の雑務はすべてやってもらえます。

マンション経営を全部自分でやると、入居者の募集から始まり、家賃回収や収支計算、建物管理など、多大な時間をかけなければなりません。そうなれば、公務員やサラリーマンの方など、日常で本業を抱えている人は、絶対に対応ができませんよね。

私の場合も雑務をこなすのは難しいので、
入居者の募集から家賃回収、入居者トラブルへの対応など、マンション経営で必要な業務を、すべて不動産業者に委託しています。

特に入居者トラブルでよくあるのが、水道やエアコンなどの設備に関するトラブルです。
こういった問題は、深夜でも起こりうることですから、きちんと対応ができないとダメです。

私が利用している賃貸管理サポートシステムの中には、24時間緊急対応サービスというのが含まれています。
(※こちらは私の物件購入先である明光トレーディングのサポート内容です)

賃貸管理サポートの費用は、すべて家賃収入の内から賄っているので、ローンの費用と同じく、実質無料でやってもらっています。

マンション経営で失敗しないためには、必ず入っておきたいサポートですね。

◇どうしても不安な方は、家賃保証に入るようにしよう!

物件選びを間違えなくても、必ず空き室になってしまう期間というものがあります。
その時とは購入時の、入居者を募集している段階や、入居者が退室する時です。

この2つの期間は空き室が出ますので、家賃保証サポートに入っておけば安心です。

私が利用しているのは「サブリースシステムフリー35」と言う、5年~35年間で、1年ごとの単位で期間を選べる家賃保証サービスです。
(明光トレーディングの家賃保証サポート)

期間内において家賃収入が確定しますので、上記のような空き室期間でも、家賃収入を受け取ることができます。

通常このような家賃保証サポートの費用も、家賃収入の中から賄うことができます。
もし、その枠を超えるような額を請求される場合は、注意したほうがいいでしょう。

◇入居者とのトラブルを回避するには

賃貸管理サポートシステムは、入居者の家賃回収や、問題のある入居者への退去勧告、
その他トラブルなどにすべて対応してくれるサービスです。

マンション経営のトラブルで深刻なのは、入居者の家賃未納ですよね?
そのようなトラブルを自分で対応するのは、結構骨が折れます。
法的な手続きをとるにしても、その労力は計り知れないと思います。

賃貸管理を業者に委託しておけば、もし家賃を支払わない入居者がいても、全て管理会社が対応をしてくれます。

マンション経営は、自分で働くものではありません。
あくまでも自動でキャッシュが入る仕組みを作っていく必要があります。
そう考えれば、賃貸管理サポートシステムは必須だと言うわけです。

 
HOME » 私が依頼したのは・・・ » 万全な賃貸管理サポートシステム