かつての失敗から学んだマンション経営で成功するための知識

私が依頼したのは・・・

円滑にマンション経営を運用していくためには、不動産業者が提供する賃貸管理サポートがかかせません。その賃貸管理サポートシステムの概要を、私が依頼した業者のシステムを例に挙げて、紹介します。ここで挙げるようなメリットは、他の不動産販売会社や管理会社でも期待できる点です。ご自分に合う販売会社や管理会社を探しましょう。

◇賃貸管理サポートシステムでリスク回避

マンション経営のリスクには、次のようなことが挙げられます。

依頼したい賃貸管理会社とは?空き室リスクに対しては?
依頼したい賃貸管理会社とは?入居者とのトラブル
依頼したい賃貸管理会社とは?マンション設備トラブル
依頼したい賃貸管理会社とは?入居者が入らないリスク

これらの問題を自分で解決していくのは少々荷が重いですよね?
本業をお持ちの方はなおさらです。

サポートのしっかりした会社に依頼したいサブリースシステムフリー35による、空き室リスクを回避するための家賃保証サポートを利用できる
サポートのしっかりした会社に依頼したい入居者からのクレームや、未納家賃の督促回収業務、退去勧告などを代行で行ってもらえる
サポートのしっかりした会社に依頼したい深夜でも設備トラブルに対応してもらえる「24時間緊急対応サービス」がサポートシステムについている
サポートのしっかりした会社に依頼したい入居者の募集・審査を行ってもらえる
サポートのしっかりした会社に依頼したい入居者の退室立会い業務
サポートのしっかりした会社に依頼したい入居者との条件交渉

(※詳しい内容は、以降のページで解説しています)

などなど、賃貸管理サポートを依頼すると、マンション経営に関する雑務のほとんどを、代行でやってもらえます。(※業者によってサポート内容は違いますので、あくまでも参考例です)

このような賃貸管理サポートを依頼することで、
マンション経営は、お金に働いてもらうことができる「投資」として機能するんですね。

◇首都圏の物件を多く取り扱う不動産業者を見つける

私が2度目のマンション経営でうまくいっているのは、首都圏を視野に入れて物件を購入したからです。
しかし、首都圏の物件を購入するにしても、
入居者が好む立地条件というのがわからなければ、うまくいきません。

ですから私は、首都圏中心で物件を多く取り扱っている大手の不動産会社に、
アドバイスを依頼しました。

首都圏物件を抱えている会社に依頼なぜ首都圏の物件にはメリットが多いのか?
首都圏物件を抱えている会社に依頼入居者が好む立地条件とはどのような条件なのか?
首都圏物件を抱えている会社に依頼新築マンションと中古のマンションはどちらがいいのか?

…などなど。

地方は地方、首都圏は首都圏、不動産会社によって、取り扱う分野が違います。
やはり、都心部で専門的に企業展開しているところのほうが、細かな点で詳しいと思ったんですね。

◇新築でも中古並の値段で買えるワンルームマンションとは?

新築でも中古物件と変わらないぐらいの値段のワンルームマンションがあるんですよ。
なお中古ワンルームマンションは500万円~2,000万円台と言われています。
(※東京都品川区の物件を参考例に挙げています)

さらにそこは売り主物件なので、仲介手数料が不要です。
(※詳しい内容は以降のページで説明しています)

ローンを組めば、自己資金を多く吐き出すことがなく、
さらには、ローンが相殺された分の家賃収入が毎月入ってくる。
マンション経営は、意外に初期投資と手間がかからないものだと私は思うのです。

コンテンツ一覧

業界大手
どのような不動産業者が実績があり、安心感が持てるのかを説明。また、いい不動産業者を見分ける方法なども紹介しています。
万全な賃貸管理サポートシステム
マンション経営の決め手となる家賃保証サポートサービスや、賃貸管理サポートシステムについて紹介しています。
 
新築・中古マンションを販売
マンション経営において、新築と中古どちらがいいのかを、それぞれのメリット・デメリットを紹介しています。
東京・首都圏の物件を展開
首都圏の物件を多く取り扱っている業者のメリットや、中古・新築マンションの一般的販売価格を紹介しています。
 
 
HOME » 私が依頼したのは・・・