かつての失敗から学んだマンション経営で成功するための知識

相場からかけ離れた家賃保証

あり得ないくらい高額な家賃保証にご注意を!
ここでは不自然なほど高い家賃保証や、高利回りを押してくる不動産会社の注意点を紹介します。

◇私のかつての失敗:高額な家賃保証に惑わされて…

私は、過去に2軒の新築ワンルームマンションを、ある業者から購入しました。
そこでは、賃貸管理も任せていたので安心していたのですが、家賃が入金されないからおかしいなと思い確認したところ、その業者は倒産してしまっていて、かなり慌てました!

当時私は、投資に興味があり、株やFXなどの金融商品に投資をするか、ワンルームマンションを安定的に運用するかで迷っていました。
そこで、広告に載っていた家賃保証付き(高額なキャッシュバックも提示していました)の新築ワンルームマンションが気になり、その業者に連絡したんですね。
私は、高額なキャッシュバックの魅力と家賃保証の率がとても高かったので、安心だと思い購入したんです。

家賃保証に惑わされたこと、それが私のマンション経営で、最大の失敗でした。
結局、その会社は倒産してしまい、次の賃貸管理会社を探すまで、大変な思いをしたんです。
(今はその時に見つけた不動産会社と、良好な取引関係を築いております。)

そういったところの営業のやり方は、結構しつこいところが多く、メリットしか説明しないんですよ。

ですから、高額なキャッシュバックや、相場とかけ離れた家賃保証をうたってくる業者とは、
どんなに魅力的な物件を提示されても、取引をしないほうがいいでしょう。

◇地方の高利回り物件にご注意!

地方の物件の場合は高利回りのメリットだけを説明して、
空き室リスクを隠して伝える業者にも注意したほうがいいです。

地方の物件は、
場所によっては入居率が低いところがあり、空き室リスクが高い場合が多いんですよ。
長期間入居者が入らなければ、マンション経営は失敗に終わってしまいます。

ですから、そういった物件を進められた時は、一旦メリットは忘れて、デメリットの面を細かく考えるようにすればいいですね。結構見えてくる面がありますよ。

◇利回りについての注意点

あまりにも高い利回りを持つ物件は、それなりに何かあると見た方がいいですよ。

利回りが高い物件は、
物件の取得金額に対して、家賃収入の割合が高いと言うことをあらわしています。
ですが、その計算には空室リスクは考慮されていません。
つまり、100%部屋が稼動した状態で、その利回りが達成できるということです。

地方の物件にもピンからキリまでありますが、
都心部と比べると圧倒的に人口が少なく、マンションの利用需要も少ないことが多いです。

ですから、私の考えとして、
そのような地方の高利回り物件にはあまり手を出さないほうがいいと思います。

狙うのなら人口過密都市東京・首都圏周辺がベスト
これがマンション経営の基本です!

 
HOME » こんな不動産会社には要注意 » 相場からかけ離れた家賃保証