かつての失敗から学んだマンション経営で成功するための知識

営業マンについて

ここでは、どのような営業姿勢を持つ不動産業者がいいのか、また、注意したい営業マンなどについて紹介します。アプローチの仕方も、不動産業者選びの対象にしたほうがいいですよ。

◇反響営業は商品に自信がある証拠!

私が取引をした今の業者の営業マンは、しつこくもなく、よかったなという印象でした。
会社のモットーとして、お客の都合を考えない営業は一切しないとのことです。

反響営業(お客の方から問い合わせがあった場合のみ、詳しく説明すること)を主体とする、アプローチ法を行っていて、それでも業績を上げてきている企業なんです。
なぜこちらから仕掛けなくても商売が成り立つのかと言うと、
魅力ある自社物件を取り扱っている強みが、他のお客にも伝わっているからではないでしょうか?

どの業界にも、こちらの都合を考えない人がたまにいます。
最初の失敗から、私はそういったところとは一切取引をしないと決めています。

あと、物件のメリット面だけではなく、デメリット面もしっかりと伝えてくれるところは、信用できますよね。
真実を伝えてくれることで、こちらに安心感が生まれます。
信頼関係を築ける不動産業者をパートナーにできると理想ですよね。

◇こんな営業を仕掛けてくる業者はやめておこう

業者の中には、しつこい電話はもちろんのこと、半ば軟禁状態で契約に持っていくという、悪徳な商売をしている不動産業者もいるので、気をつけなければなりません。
強引な業者とは、絶対に取引をしてはいけません。どんなに物件がいいなあ、と思ってもです。

また、お客に物件を紹介する時に、先ず最初にみすぼらしい物件をいくつか紹介しておいてから、最後に普通の物件を紹介するという、「捨て物件」を見せてくるやり方も、私は好きではありません。
みすぼらしい物も売りたい物も値段を同じぐらいにしているので、
最後に見せられる普通の物件が、実際の価値よりも高く見えてしまうのは当然のこと。

確かに物を売るには、お客と営業マンの駆け引きのような面もあります。
しかし、高額なローンを組むわけですから、
やはり、誠心誠意まっすぐなアプローチをしてくれる業者でないとダメですね。

◇しつこい営業の断り方

悪質なものは、電話の段階から断らないとダメです。

もし、断りにくいと感じたら、電話を取らないという方法か、
後日また考えるといって、のらりくらりと避けるのもひとつの手です。

物件を見るだけでいいからといって、出向いていくのは絶対によくありません。
不動産とは関係ありませんが、私の知人の友人が、マルチ商法に契約させられた時も、事務所で2~3人の男性に囲まれ、断りにくい雰囲気を出されたからのようです。
絶対に、相手の地の利に乗り込んだらダメなんですよ!

また、悪質営業マンが家を訪ねて来た時は、ドアを開けずに断ることが大事です。
ドアを開けると閉めさせない話し方をしてきますから。
とにかく対面にならないこと!時には怒鳴りつける!など、しっかりと断る勇気が必要です。

以上、しつこい営業の断り方の説明でしたが、世の中にはこのような悪徳業者ばかりではありません。
むしろまじめに営業をやっている会社がほとんどなんですよ。

ですから、そういった会社につかまらないためにも、
営業マンの最初の姿勢をよく観察しておきましょう。

 
HOME » こんな不動産会社には要注意 » 営業マンについて