かつての失敗から学んだマンション経営で成功するための知識

マンション経営耳寄り情報

「デフレ傾向」が続く日本経済ですが、実はマンション経営ではデフレは大きなメリットでもあります。
そのメリットとは一体何なのか?以降のページでは、そのメリットについての情報を紹介しています。

◇デフレはチャンス!?

経済状態がデフレになると、お金自体の価値が上がってしまいますので、
マンションの価格は下落傾向にあります。

ではなぜ、それでもマンション経営ならばメリットがあるのか?

マンション投資に関する耳寄り情報デフレ、デフレと嘆くよりも、お金の使い方を考えた方が、自分に跳ね返ってくる恩恵が大きいのです。

インフレでもデフレでも、その時の時勢を利用して利益を挙げている人はたくさんいると思います。
ここでは、マンション経営がデフレに強い理由を、わかりやすく説明していきます。

◇税金が高くなる

マンションに投資することは、
所得税や住民税、相続税に対する節税対策としての効果があります。

日本の税金は高いほうですが、
今後も国の財政難が続くと予想されますので、ますます税金は高くなるでしょう。
その税金の回収先も、資産を持てない人たちからはこれ以上負担を増やすことはできない状況ですので、今後はある程度資産を持つ人を対象として課税されていくかもしれません。

ですから、節税対策はかなり重要な問題なんですね。

マンション投資に関する耳寄り情報もちろん税金は払うことが大事ですが、減らせられるものは減らした方がいいですよね?

以降のページでは、マンションがいかに節税効果があるのかを解説しています。

◇インフレに備えて

投資用マンションはデフレの時に購入するのがいいのですが、
もし購入してから経済がインフレに流れて言ったらどうなるでしょう?

インフレになると、金利が上がり、マンションの資産価値も上がります。
そうなると、変動型金利のローンを組んでいる場合、毎月の返済額が増えるのがデメリットです。

しかし、インフレになると言うことは、家賃相場も同時に上がりますので、実際家賃収入から相殺され、損失は出ないと言えるでしょう。
それどころか、マンションの価格も上がっていますので、一旦売却して利益を得ることもできます。

つまり、理想的なのは……

マンション投資に関する耳寄り情報物の価値が低いデフレの時にマンションを買って、お金の価値が下がるインフレの時に備える、と言うことです。

マンション経営で失敗する人は、この逆をやるからうまくいかなくなるんです。

デフレの今、マンションは絶好の買い場です。
さらに、日本が本格的に円高対策に踏み切ろうとしている時ですので、
現物資産を持つにはいい時期ですね。

コンテンツ一覧

今後の動向
低金利だからこそマンション経営を始めやすいその理由。また、相続税やデフレの時のマンションの運用方法について紹介します。
先輩たちのマンション経営体験談
マンション経営を行っている他の方の体験談とリセール物件について紹介します。
 
入居者が見る物件のポイント
ここでは、どのようなマンションが入居者に選ばれるのか?について説明しています。
 
 
HOME » マンション経営耳寄り情報